企業にとって顧客獲得や管理はビジネス戦略として非常に重要な要素を占めています。
そこで「ベンチャーネットの企業の戦略」では、コンテンツマーケティングやセールスフォースなどの経営革新をサポートします。

今注目を集めているコンテンツマーケティングとは、収益を呼んでくれるユーザーに対して、価値のあるコンテンツを制作してそれを提供し続けることによって、ユーザーをとことん惹きつけ、その状態をキープし、エンゲージメントを生み出すことで、最終的に莫大な収益となる行動をユーザーにしてもらうための一連の手法のことを言います。少々コンテンツマーケティングについて理解しづらいかもしれませんが、簡単に言ってしまえば、コンテンツマーケティングというのは、ユーザー目線で、見たい!見て良かった!と思ってもらえるコンテンツの公開を続けることで、ユーザーに企業のファンになってもらい、最終的に物を買ってもらうということです。

そのような質の沖雲コンテンツを提供してそれを続けることが、コンテンツマーケティングの大前提だとということを忘れてはいけません。ユーザーからしてみれば価値あるコンテンツというのは、ユーザーを魅了させ納得を生み出します。

ユーザーに評価されるような中身の濃紅優良の記事は、Googleが上位表示してくれるようになっているため、半永久的に集客し続けるコンテンツマシーンになるのです。これまでマーケティングに使用されていた費用は、支出として計上していました。

例えば、ランディングページを公開してリスティング広告を配信することもありますが、広告を配信する期間が終了してしまえば、そこで宣伝は終りとなります。しかし、コンテンツの場合は発信すればするほど、インターネット上に残り続け、企業の資産として着々と貯まっていきます。


株式会社ベンチャーネットナビ
株式会社ベンチャーネットはこちら
https://careerbaito.com/job/1501



最近の投稿